暗号計算機屋のブログ

なにか思いついたことを不定期に更新。

1999年 ICF3 暗号プロセッサ ゲートレベルの全設計図 初公開!

f:id:icf:20171212061247p:plain

暗号プロセッサ ICF3は1999年に日立のメインフレームの暗号装置として世界に製品出荷されたLSIです。 当時、RSA暗号の性能で世界一でした。 ICF3の暗号プロセッサのゲートレベルの全設計図を初公開しました。 18年前、LSIのゲートレベルの設計での開発の様子が良くわかるのではないかと思います。

著作権は平山 直紀にあります。 以下のURLからダウンロードできます。

http://openicf3.idletime.tokyo/gatelevel.html

ICF3にはモンゴメリ乗算器が搭載されていました。以下のURLが参考になると思います。

http://icf.hatenablog.com/entry/2017/08/19/091112

最近はRTLレベルの設計が主流になっているのかもしれませんが、ゲートレベルの設計は、もう少し低レベルで難しいですが、すべてを人の手で制御し、高性能を得る感覚が、いいと思っています。 RTLレベルでの設計を極めることを好む方も、いらしゃると思いますけど。